東広島市社会福祉協議会


■笑顔インタビュー

生涯学習 新たな挑戦に意欲 東広島熟年大学祭

 東広島熟年大学祭が11月27日、市総合福祉センターで行われた。60歳以上の東広島市民を対象に、さまざまな生涯学習講座を行っている東広島熟年大学は東広島市社会福祉協議会が運営。大学祭では受講生が、ステージ発表や作品展示、講座体験などを来場者、OBと一緒に楽しんだ。祭りを企画、実施したのは、生徒会に当たる組織「友の会」の大学祭部会。

 今回の大学祭のテーマは「胸躍る2度目の青春熟大生」。受講生から応募のあった120点の中から選ばれた。「今年は採用者に賞品として商品券を贈る工夫をして、例年より反響を高めることができた」と部会長の堀江孝さん。初めての企画として、バザーコーナー利用者の抽選会を開くなどしてイベントを盛り上げた。

 現在、書道講座を受講している友の会会長の生武大始さんは「書道の腕はまだまだ。これからも楽しみながら続けたい」と笑顔。

 堀江さんは「来年度は新しい講座に挑戦し、催しにも積極的に参加したい」と意欲を燃やしている。


 東広島市社会福祉協議会提供のラジオ番組「社協発!笑顔」はFM東広島(89.7MHz)で毎週木曜日午前10時から放送。

ザ・ウィークリー・プレスネット

ページの先頭へ