東広島市社会福祉協議会


■笑顔インタビュー

薬に関する個別相談会実施 大山交流サロンと東広島薬剤師会

 東広島市八本松町の大山交流サロンは平成24年に活動を開始。毎月1回、地域住民が集まり、体操や折り紙、会話などを通して交流している。「皆の明るい笑顔が見られる場所」とサロン代表の平野堅三さん。

 11月のサロン活動では、東広島薬剤師会から薬剤師を招いて薬に関する講座を開催。薬の服用などについての説明を聞いた後、参加者一人一人が個別に薬に関する相談をした。同会副会長の金好康隆さんは「普段、薬剤師がじっくりと個別に話をする機会が少ないので、非常に有意義な時間」と説明した。

 同会理事の吉田雄樹さんは、かかりつけ薬剤師の制度について紹介。同制度は、薬の管理、服用状況の把握、他の薬との飲み合わせや副作用などの相談などを同一の薬剤師に頼み、健康全般のアドバイスを受ける仕組み。「患者さんにとって非常にメリットがある制度」と吉田さん。

 活動の幅を広げている大山交流サロン。平野さんは「仲間がどんどん増えていくようなおしゃべり会にしたい」と意気込んでいる。


 東広島市社会福祉協議会提供のラジオ番組「社協発!笑顔」はFM東広島(89.7MHz)で毎週木曜日午前10時から放送。

ザ・ウィークリー・プレスネット

ページの先頭へ