東広島市社会福祉協議会


■笑顔インタビュー

福祉体験・バザーなどで交流 第24回黒瀬町健康福祉まつり

 第24回黒瀬町健康福祉まつりが10月30日、黒瀬生涯学習センターで行われた。社協や福祉団体が活動紹介、福祉用具の展示・体験会などを実施。女性会や青年団などの飲食ブース、バザーも出店され、多くの人でにぎわった。

 屋内では、次郎丸太鼓の共演コンサートを開催。実行委員長を務めて7年目の伊賀太一さんは「黒瀬町内でも最近、次郎丸太鼓の愛好者が増えている。子どもから参加して楽しめる」と話した。

 広島国際大学医療福祉学部医療福祉学科もブースを出店。ハンドマッサージの体験と輪投げが遊べるスペースを設けた。今回まつりに初参加した3年生の江口大介さんと金本喬士さんは「まつりは地域の皆さんと交流できる絶好の機会」と笑顔。

 会場には骨密度測定や歯科相談、脳年齢チェックなどができるスペースも設けられ、幅広い年代の市民で盛り上がった。


 東広島市社会福祉協議会提供のラジオ番組「社協発!笑顔」はFM東広島(89.7MHz)で毎週木曜日午前10時から放送。

ザ・ウィークリー・プレスネット

ページの先頭へ