東広島市社会福祉協議会


■笑顔インタビュー

豊栄中学生との交流会を実施 豊栄町 愛愛サロン

 東広島市豊栄町の愛愛サロンは平成18年に設立。高齢者が家に閉じこもらないように、近所で集まって話ができる場を、と作られた。地域の集会所で活動を続け、多い時には10人が参加。年に数回は東広島市社会福祉協議会のバスを借りて遠出もしている。

 サロンを開設した翌年の平成19年からは、市立豊栄中学校との交流会を実施。同中では、3年生が地域の各サロンを訪問し、地域住民と交流している。体操で一緒に体を動かしたり、高齢者にインタビューを行ったりして、地域のさまざまなことを学習。「若い子が来てくれるのをみんな楽しみにしている」と愛愛サロンの坪郷和子さんと吉川勝子さんは声をそろえる。

 交流会の内容は、事前に生徒たちが決めた上で訪問。「先輩から情報をもらいながら、楽しそうに交流方法を検討している。普段の学校生活では見られない表情も見られる」と同校の新谷三平校長は評価する。

 交流会に参加した生徒は「昔の商店街の様子や、遊びについて知ることができた。これからも地域のみなさんと交流を続けたい」と笑顔を見せた。


 東広島市社会福祉協議会提供のラジオ番組「社協発!笑顔」はFM東広島(89.7MHz)で毎週木曜日午前10時から放送。

ザ・ウィークリー・プレスネット

ページの先頭へ