東広島市社会福祉協議会


■笑顔インタビュー

学生と一緒に町おこし 自治組織 you愛sunこうち

 東広島市河内町の自治組織you愛sunこうちでは、大学生との連携を強めており、さまざまな事業に取り組んでいる。学生との調整役を担っているのは事務局の鈴木英士さん。鈴木さんは広島大学出身で、在学中に広大生向けにボランティア情報の発信や企画を行う団体V―proを立ち上げた。「当時、ボランティア情報が集まるような場所が無かった。ボランティアを通して学生と地域をつなげる組織が必要だと思った」と鈴木さん。

 7月に行われたリバーサイドフェスティバルをはじめ、同地区で行われるさまざまなイベントで学生が活躍している。大きなイベントに限らず、地域サロンへの参加もしている。

 地域の行事はこれまで、高齢者がほとんどという状態だったが、学生たちが参加するようになって、まちの雰囲気が一変したという。「行事に参加するだけでなく、地域課題解決への提案も生まれている」という。

 現在は、学生も一緒になって河内町の将来を考えるワークショップを開催。まちの歴史を学んだり、実際に地域を一緒に歩いたりしながら、まちづくりについて考えている。

 鈴木さんは「地域住民がそれぞれの関係をうまく利用して、まちづくりのアイデアが出せる基盤を作りたい」と意気込んでいる。


 東広島市社会福祉協議会提供のラジオ番組「社協発!笑顔」はFM東広島(89.7MHz)で毎週木曜日午前10時から放送。

ザ・ウィークリー・プレスネット

ページの先頭へ