東広島市社会福祉協議会


■笑顔インタビュー

熟年世代から始める活動 
東広島熟年大学 ボランティア入門講座

 東広島熟年大学の今年度のボランティア入門講座が6月末にスタートした。第1回目の講座では、東広島ボランティアガイドの会のメンバーの案内を受けながら、一緒に酒蔵通りをめぐった。「参加者に知り合いが多く、緊張した」とほほ笑むのは、東広島ボランティガイドの会の小平求さん。小平さん自身も東広島熟年大学に通っており、書道を3年、水墨画を3年、今年からは絵手紙を始めるなど積極的だ。

 ボランティア入門講座に参加した植田優さんは、東京で50年間勤めた後、東広島に帰ってきた際に、「地域と何かつながりを持ちたい」と市社会福祉協議会の協力を得てサロンを立ち上げた。地域の活動を続けながら、新たな勉強の場として今回の入門講座に参加を決めた。熟年大学で英会話、パソコン講座も学んでいる。1回目のボランティア入門講座を終え、「自分の生まれた故郷をもう少し知らないといけないなということを実感した」と感想を話した。

 小平さんは「東広島の魅力を再発見し、多くの人に伝えたい」と話している。


 東広島市社会福祉協議会提供のラジオ番組「社協発!笑顔」はFM東広島(89.7MHz)で毎週木曜日午前10時から放送。

ザ・ウィークリー・プレスネット

ページの先頭へ