東広島市社会福祉協議会


■笑顔インタビュー

男性参加者の多い地域サロン 春日野1丁目シニアの会

 春日野1丁目シニアの会は、町内の住民の交流を深めようと平成20年にスタートしたサロン。最初の会合では山本文雄さんが中心となり、そば打ちを通して交流。「ちょうどリタイアした時で、地域の皆さんと仲良くしたいと思っていた」と山本さん。そば打ちを習っていた山本さんが腕前を披露し、参加者で味わった。

 サロンは毎月第2火曜日に開催し、近所の店舗から弁当を取り寄せて昼食も皆で楽しんでいる。行事として、年に2回はバス旅行を実施する他、夏祭りへの参加や外食会を開催するなど積極的に活動している。

 同サロンの特徴は、男性の参加者が多いこと。「夫婦で参加する人も5、6組はいる。他のサロンからは珍しいといわれている」と会の代表者の古川敏雄さん。「言いたいことを言い合って、家族のような面もある」と毎月の開催を楽しみにしている。

 今年に入ってからは、行事のマンネリ化を防ぐために、アンケートを実施。全員の意見を聞きながら、内容や開催時間の検討を繰り返している。「新しい人に参加してもらうことも大切。裾野を広げて、交流の輪を大きくしていきたい」と二人は声をそろえる。


 東広島市社会福祉協議会提供のラジオ番組「社協発!笑顔」はFM東広島(89.7MHz)で毎週木曜日午前10時から放送。

ザ・ウィークリー・プレスネット

ページの先頭へ