東広島市社会福祉協議会


■笑顔インタビュー

介護予防・日常生活を支援 地域全体で支える福祉体制づくりを

 昨年4月に行われた介護保険法の改正により、平成29年度末までには要支援1・2の人が利用できるサービスが一部変更され、「介護予防訪問介護」と「介護予防通所介護」が、市町村ごとの介護予防・日常生活支援総合事業へ移行する。

 「制度は変わるけど、サービスの内容そのものは変わらない。サービスを利用している人、利用を検討している人は安心してほしい」と、東広島市社会福祉 協議会在宅福祉課長兼介護事業専門統括官の林千賀子さん。

 要支援の人を社会で支えていこうと、地域の組織作りも新たに検討していくことになっている。林さんは「これまでと同じように訪問介護、通所介護サービスを利用しながら、地域で支え合って、皆さんにもっと社会に出ていただきたい」と話し、今後変化していく点として「高齢者が交流する場が、デイサービスなど専門の職員がいる場所に加え、地域のサロンなどの割合も増えると思う」と説明。プロのサービスを受ける部分、地域で支える部分、本人や家族の力の部分という、あらゆる力が生かされる体制作りを目指していくという。

 林さんは「準備は始まったばかり。社協はもちろん、行政、地域の皆さんなど市民皆で課題を整理し、地域で支えられる福祉体制のアイデアを出していくことが大切」と話す。


 東広島市社会福祉協議会提供のラジオ番組「社協発!笑顔」はFM東広島(89.7MHz)で毎週木曜日午前10時から放送。

ザ・ウィークリー・プレスネット

ページの先頭へ