東広島市社会福祉協議会


■笑顔インタビュー

チームワークで情報伝える 
中途失聴、難聴者への文字通訳「要約筆記」

 中途失聴、難聴者に会話の内容、会議、講演の内容などを同時進行で文字に変えて伝える要約筆記。東広島市社会福祉協議会では、東広島市からの委託を受け、要約筆記奉仕員養成講座を行っている。

 「私たちの役割は音声を文字に変換する通訳」と要約筆記サークル花たばの上野真理さん。3、4人でチームを組んで要約筆記を行うことが多く、文量や時間などに応じて交代。要約筆記の魅力について、花たばメンバーの繁山和枝さんは「常にフォローし合いながら作業するため、初心者でも安心して活動できる」と話し、上野さんは「技術を習得し、コミュニケーションの方法も理解できる」と話す。

 要約筆記には、手書き要約筆記とパソコン要約筆記の2種類がある。最近では、普段のコミュニケーションツールとして、タブレット端末やスマートフォンのアプリを利用して、音声入力で文字に変換する方法もある。

 2人は「要約筆記は気軽に社会参加できて、自分の世界も広がっていく。少しでも地域の皆さんに役立てればうれしい」と声をそろえる。


 東広島市社会福祉協議会提供のラジオ番組「社協発!笑顔」はFM東広島(89.7MHz)で毎週木曜日午前10時から放送。

ザ・ウィークリー・プレスネット

ページの先頭へ