東広島市社会福祉協議会


■笑顔インタビュー

地域の取り組みを応援 平成27年度共同募金 地域テーマ募金

 市社協と協働して住民団体などが行う地域の課題解決の事業や、教育委員会などと連携した地域づくりを応援する平成27年度の地域テーマ募金活動が今年1月から3月末まで行われた。

 青少年育成東広島市民会議では平成22年度から地域テーマ募金に参加。集まった募金を、東広島市立の小・中学校が取り組んでいる一校一和文化教育の継承、発展のために活用している。

 「各学校でテーマを持って和文化を学ぶことで、地域の人と交流し、子供たちから高齢者に元気を発信できる。地域ぐるみでの子育てにつながる」と市教育委員会青少年育成課の中山知巳さん。

 黒瀬町の親子和太鼓クラブ和楽合(わらい)は今回初めて地域テーマ募金に参加。和楽合は平成26年に発足。下黒瀬住民自治協議会と連携しながら活動を続けている。「当初は子供のためのクラブにしようと思ったが、親子で太鼓を楽しむ会になった」と代表の南沙織さん。募金は太鼓の購入などに充てる計画。

 南さんは「子供たちが和太鼓を通じて輝く姿を見て、高齢者も元気になればうれしい。下黒瀬地域が一体となれるよう貢献したい」と話している。


 東広島市社会福祉協議会提供のラジオ番組「社協発!笑顔」はFM東広島(89.7MHz)で毎週木曜日午前10時から放送。

ザ・ウィークリー・プレスネット

ページの先頭へ