東広島市社会福祉協議会


■笑顔インタビュー

信頼関係築き介護計画作成 安芸津居宅介護支援事業所

 介護を必要とする人が適切なサービスを利用できるよう、本人や家族の要望を汲み取りながら、ケアプランの作成や見直しを行う居宅介護支援事業所。東広島市社会福祉協議会が運営する居宅介護支援事業所は現在、本所、安芸津、黒瀬、豊栄、河内の5カ所。15人のケアマネジャーが約500人のケアプランを管理している。

 計画する内容は、デイサービス、訪問介護、デイケア、ショートステイなどさまざま。「体の状態や家族の状況など、利用者の生活を理解する必要がある。そのために頻繁に話をする機会を設け、信頼関係を築くことが大切」と安芸津居宅介護支援事業所の宗田真理子さん。

 市社協が運営する居宅介護支援事業所は、地域とのつながりを生かし、民生委員児童委員や関係施設との連携を強めている。

 同事業所の田村由美さん、沖本千恵美さんは「利用者、地域の皆さんとつながりを強めることで、介護を受ける人の生活が明るく、自立したものに変化する」とやりがいを語る。


 東広島市社会福祉協議会提供のラジオ番組「社協発!笑顔」はFM東広島(89.7MHz)で毎週木曜日午前10時から放送。

ザ・ウィークリー・プレスネット

ページの先頭へ