東広島市社会福祉協議会


■笑顔インタビュー

まつり通じ福祉の充実考える 第17回東広島健康福祉まつり

 東広島健康福祉まつりが昨秋、東広島運動公園体育館で開かれた。東広島市生涯学習フェスティバル、ひがしひろしま環境フェアとの同時開催。

 福祉、医療の充実を図り、助け合える地域を作ろうと毎年開催されており、今回で17回目。まつり総務部会長の前田真奈美さんは「福祉をより身近に感じてもらえる場。高齢者や障害者など現在福祉に関わっている人たちはもちろん、これから福祉について考える必要がある人たちも楽しめるイベント」と魅力を説明する。

 総務部会では、まつりのテーマと標語を選出しており、公募の結果、17回目のテーマは「つなげよう!

 あなたと私の心の輪!」に。27点の応募作品の中から選ばれた。標語は児童、生徒、一般の各部で審査を行い、最優秀者にはまつりのオープニングで表彰を行った。

 まつりは健康、福祉体験、活動紹介、パネル展示の4つのテーマに分けてそれぞれの場所で健康相談や身体測定、車いすやアイマスク体験、手作りおもちゃ体験、福祉施設の活動紹介などが行われた。「21カ所に設置したスタンプラリーも毎年人気」と企画福祉部会長の金好康隆さん。

 屋外テントではフランクフルトやぜんざい、綿菓子などの販売もあり多くの人で賑わった。


 東広島市社会福祉協議会提供のラジオ番組「社協発!笑顔」はFM東広島(89.7MHz)で毎週木曜日午前10時から放送。

ザ・ウィークリー・プレスネット

ページの先頭へ