東広島市社会福祉協議会


■笑顔インタビュー

多くの人が訪れる魅力あるまちに 東志和小学校区住民自治協議会

 東志和小学校区住民自治協議会は平成24年3月に発足。現在、4部会で組織しており、計約80人が活動している。

 総務部会では、児童が登下校に使う県道46号の歩道整備を県と市に要望している他、防犯灯設置や城跡整備を実施。

 教育文化部会では、放課後の児童が遊んだり勉強したりできる放課後子ども教室を毎週開催。月に1回は母親同士が交流できる「子育てママ集会」も開いている。

 地域活性部会では、地域の若い世代が集まり、年末の餅つき大会を新たに企画した。

 生活安全部会は、健康づ くりのためウオーキングイベントや福祉サービスの出前講座を実施。日帰り旅行も毎年企画しており好評だという。登下校の時間にあわせた見守り活動も積極的に行っている。昨年度には自主防災組織を立ち上げた。

 「自助、互助の体制を整えることが急務」と生活安全部会長の田島邦男さん。自治協会長の寺田清秀さんは「自治協のキャッチフレーズは『きて、みて、やって、学ぶ』。積極的に活動し、多くの人が訪れる魅力ある地域にしたい」と力を込める。


 東広島市社会福祉協議会提供のラジオ番組「社協発!笑顔」はFM東広島(89.7MHz)で毎週木曜日午前10時から放送。

ザ・ウィークリー・プレスネット

ページの先頭へ