東広島市社会福祉協議会


■笑顔インタビュー

地域のリーダーを養成 高美が丘地区社会福祉協議会

 高美が丘地区社会福祉協議会は、地域の幅広い年代との交流行事を実施している。会長の長尾隆司さんは、交流を深めるだけでなく地域を引っ張っていける人材を育てる必要があると、4年前から「地域デビュー講座」を開講。主な受講生は、定年退職した人や子育てがひと段落した人。受講後は地域で積極的に活動している。

 「今からは高齢者がリードしなくては」と長尾さん。今年度は31人が受講している。

 地域デビュー講座受講生の岡野正利さんは、定年退職後に通った体操教室で長尾さんと出会った。「講座では学ぶことの楽しさを実感した」と岡野さん。現在は高屋町にある仙石庭園のボランティアガイドも務めており、地域で活躍中だ。

 長尾さんは、今後さらに地域を盛り上げようと、人材バンクを設置する計画。医療関係者、手話通訳者などの防災部門と、楽器奏者などの一般部門の2部門に分け、さまざまなジャンルの人材を登録。イベントへの参加、講座への講師派遣ができるように準備を進めている。


 東広島市社会福祉協議会提供のラジオ番組「社協発!笑顔」はFM東広島(89.7MHz)で毎週木曜日午前10時から放送。

ザ・ウィークリー・プレスネット

ページの先頭へ