東広島市社会福祉協議会


■笑顔インタビュー

社協の活動をPR 社協活動情報発信推進委員会

 東広島市社会福祉協議会では、市社協の事業や活動内容のPRを担当する社協活動情報発信推進委員会を設置している。市社協の各課、各支所から職員が参加し、現在は16人が活動。紙媒体、ラジオ、インターネットなどさまざまな方法で市社協をPRしている。

 ホームページでは、職員が日々の活動の様子を紹介するブログも設置。「社協の存在を身近に感じてほしい」と地域福祉課の山原丈佳さん。

 平成24年4月の委員会発足直後には、東広島市のコミュニティラジオ局FM東広島で提供番組「社協発!笑顔」をスタートさせた。毎週、地域で福祉活動 をしている市民が生放送に出演し、活動内容を紹介している。総務課の豊島邦優さんは「地域福祉に力を注ぐ人と接する機会が増えたため、自分自身の勉強にもなっている」と話す。

 委員会では今年度から広報紙「社協だより ふれあい」の企画も担当。広報紙とホームページに広告掲載枠を設ける新たな試みもスタートさせた。

 「イメージキャラクターの『こころん』も積極的に活用し、幅広い年代の方に社協の活動情報を発信していきたい」と山原さん。


 東広島市社会福祉協議会提供のラジオ番組「社協発!笑顔」はFM東広島(89.7MHz)で毎週木曜日午前10時から放送。

ザ・ウィークリー・プレスネット

ページの先頭へ