東広島市社会福祉協議会


■笑顔インタビュー

東広島熟年大学 熟大祭 ステージ、作品展示で学習成果を披露

 60歳以上の東広島市民を対象に、さまざまな講座を行っている東広島熟年大学は昨年11月、30回目の熟大祭を開催。テーマは、「熟大でよい師 よい友 よい出会い」。

 熟大生らはステージ発表や作品展示で日ごろの学習成果を披露。作品は約1120点が並んだ。

 レクリエーションダンス講座で講師を務める舛岡一男さんは、レクリエーショ ンダンス歴30年以上。熟大で講師になって13年。講座は誰でも簡単に始められると好評だ。熟大祭では熟大生らが「人生いろいろ」「おおスザンナ」などの曲に合わせて元気に踊った。

 熟大祭の企画・運営を行う部会長の岡昭信さんもレクリエーションダンスの受講生。これまでガーデニングや料理の講座を修了し、現在はダンス、ニュースポーツの講座で汗を流している。

 今回の熟大祭では、水墨画の体験コーナーや、うたごえ講座とレクリエーションダンス講座の合同発表など初めての試みもあった。

 熟大OBの発表の場もあり、会場はにぎわった。舛岡さんは「発表や作品の中にはプロ級のものもある。多くの人に見られることで励みになっている」と話す。


 東広島市社会福祉協議会提供のラジオ番組「社協発!笑顔」はFM東広島(89.7MHz)で毎週木曜日午前10時から放送。

ザ・ウィークリー・プレスネット

ページの先頭へ