東広島市社会福祉協議会


■笑顔インタビュー

熟大祭企画し、生涯学習盛り上げる 東広島熟年大学 友の会

 東広島熟年大学は東広島市社会福祉協議会の事業の一つ。60歳以上の市民を対象に、さまざまな講座を行っている。

 熟年大学には、通常の学校の生徒会に当たる組織「友の会」がある。各講座の級長が中心になり運営する総務部会ではボランティア、募金活動、受講生の日帰り旅行の企画などを行い、熟大祭部会では毎年11月に開催されるイベン ト「熟大祭」を企画、実施している。今年度は30回目となる熟大祭を昨年11月23日に開催。受講生は日頃の学習や練習の成果を披露した。

 今年度、友の会会長を務める生武大始さんは熟年大学に通って8年。ニュースポーツ、ガーデニング、ヨガ講座を卒業。現在は料理講座に通っており、「孫に手料理をふるまってやるのが楽しみ」とにっこり。

 木村照美さんは河内町の料理教室の級長を務めた縁もあり、昨年5月に事務局に入った。「熟年大学は人と人とのつながりを強く感じられる。自分も元気でなければと意識が高くなる」と話す。

 生武さんは、友の会について「いろいろな刺激がある場所。体力、笑顔の維持ができる」と魅力を語った。


 東広島市社会福祉協議会提供のラジオ番組「社協発!笑顔」はFM東広島(89.7MHz)で毎週木曜日午前10時から放送。

ザ・ウィークリー・プレスネット

ページの先頭へ