東広島市社会福祉協議会


■笑顔インタビュー

コンサートやバザーで1800人にぎわう 第22回 黒瀬町健康福祉まつり

 黒瀬町健康福祉まつりが10月26日、東広島市黒瀬町菅田の黒瀬生涯学習センターで行われ、約1800人の人出でにぎわった。福祉関連団体、サロンなど計33団体が参加し、活動紹介、バザー、体験イベントなどを行った。

 「屋外だけでなく、ホールでもイベントを行うのが黒瀬町健康福祉まつりの特徴」とまつり実行委員長の伊賀太一さんはPR。

 せせらぎホールでは広島国際大学ヒューマンハーモニックス部、コール・マイン黒瀬、東広島市立中黒瀬小学校合唱部、崇徳高校グリークラブのコンサートがあり、会場は拍手に包まれた。

 今回初参加の中黒瀬西地区社協のはつらつサロンは、いか焼き、じゃがいもドーナツを販売。「災害時だけでなく、日ごろから声がかけ合える地域にしたいという思いで活動している」とサロンメンバーの多原富美子さん。

 同じく初参加だった女声合唱団コール・マイン黒瀬の小川弘美さんは「歌を聞いて楽しむだけでなく、一緒に歌ってくれる人が増えれば」と呼びかけた。


 東広島市社会福祉協議会提供のラジオ番組「社協発!笑顔」はFM東広島(89.7MHz)で毎週木曜日午前10時から放送。

ザ・ウィークリー・プレスネット

ページの先頭へ