東広島市社会福祉協議会


■笑顔インタビュー

住民自治協を中心に設立
三ツ城ふれあい・いきいきサロン

 住民自治協議会を中心に立ち上がった三ツ城ふれあい・いきいきサロン。7月5日に1回目のサロンが開催された。

 三ツ城住民自治協議会西条中央支部会長の片岡浩さんは「西条中央は一戸建てとアパートが混在している。住民同士の交流が希薄になりがちなので、まちの人がつながれる場所が欲しかった」と説明。

 サロンのメンバー、寺尾憲子さんは「これまで子育てサロンは立ち上げたが、高齢者が集まる場所が無かった」といい、民生委員・児童委員も務める福村眞喜子さんは「数年前からサロンができる場所を探していた。一緒に活動できる事に感謝している」と話す。

 サロンは西条中央の東広島商工会議所会館で行われている。1回目のサロンには約20人の高齢者が参加。スタッフもあわせ総勢約40人が交流を深めた。中には、現役で働いていた当時に交流があった人たちが、サロンで再会するケースもみられた。

 「地域住民の声でサロンが立ち上がった事に意義を感じている」と片岡さん。次回は11月の開催を計画している。


 東広島市社会福祉協議会提供のラジオ番組「社協発!笑顔」はFM東広島(89.7MHz)で毎週木曜日午前10時から放送。

ザ・ウィークリー・プレスネット

ページの先頭へ