東広島市社会福祉協議会


■笑顔インタビュー

東広島市の民生委員・児童委員I 
安芸津地区民生委員・児童委員協議会

 「高齢者の見守り活動の形が、住民自治協議会との協力で変わってきた」と話すのは安芸津地区民生委員・児童委員協議会会長の吉田清志さん。住民自治協、行政と連携を深めることで、地域全体で高齢者の見守りができるようになってきたという。

 吉田さんは人と人とのつながりを大切にしている。顔を合わせられなくても高齢者の状況が把握できるように、吉田さんは「見守り表」を作成し配布。高齢者が自分の体調を記入し、見守り活動に役立てるものだが、四季折々のあいさつや俳句などを書く人もおり、コミュニケーションのツールにもなっている。

 主任児童委員の石津ミヤコさんもつながり≠大切にしている。「私たちは民生委員・児童委員と教育関係機関のパイプ役。信頼を持って相談してもらえるように普段からの人間関係が重要」と話す。

 今後の取り組みについて吉田さんは「小さなことでもいいから地域住民が出来ることを集めて、力を合わせて安心して住めるまちづくりを進めたい」という。石津さんは「今の子どもたちもしっかり遊べる環境づくりに力を入れたい」とほほ笑む。


 東広島市社会福祉協議会提供のラジオ番組「社協発!笑顔」はFM東広島(89.7MHz)で毎週木曜日午前10時から放送。

ザ・ウィークリー・プレスネット

ページの先頭へ