東広島市社会福祉協議会


■笑顔インタビュー

東広島市の民生委員・児童委員H 
河内地区民生委員・児童委員協議会

 河内地区民生委員・児童委員協議会は計25人で組織。

 月1回の定例会には市役所、市社協の担当者も出席して毎月の行事予定や活動の確認などを行っている。昨年から高齢者相談員も出席し、介護保険手続きなどの調査結果も報告。また、東広島警察署とも連携し、高齢者の交通事故防止活動にも力を入れている。

 「地域の皆さんとの関係作りが何より大切」と協議会会長の平義清之さん。副会長の福原好行さんは「頼まれ事には早く対応する。事案によっては時間がかかるものもあるが、状況の連絡は細やかに行う。これを繰り返すことで信頼を得る」と説明する。

 研修や講演会なども行い、福祉や青少年育成などについて知識を深める河内地区民生委員・児童委員協議会。年に1回、地域の小中学校を訪問し、児童・生徒の現状や課題について情報交換も実施。「民生委員・児童委員として役に立てることはないか常に交流をしている」と福原さん。

 民生委員・児童委員の課題について平義さんは「地域の皆さんに委員の温もりをどのように伝えられるかがポイント」と話す。


 東広島市社会福祉協議会提供のラジオ番組「社協発!笑顔」はFM東広島(89.7MHz)で毎週木曜日午前10時から放送。

ザ・ウィークリー・プレスネット

ページの先頭へ