東広島市社会福祉協議会


■笑顔インタビュー

東広島市の民生委員・児童委員G 
豊栄地区民生委員・児童委員協議会

 豊栄地区民生委員・児童委員協議会では月1回の定例会で、16人の委員が各担当地区の様子を報告し、困り事の解決方法を話し合っている。「情報交換だけではなく、研修を兼ねた会議」と会長の新田忠則さんは説明する。

 高齢化率が高い豊栄町。同協議会では、一人暮らしの高齢者宅を訪問する際に「訪問のしおり」を持参。高齢者が不在の場合でもコ ミュニケーションが図れるように「お変わりありませんか」などとメッセージが書かれたしおりを置いて帰っている。今年1月からは、定例会に地域の駐在所の警察官が参加。「詐欺などの犯罪から高齢者を守ること、徘徊情報などを警察と共有することが目的」。

 副会長の 乗原征男さんが担当する地域では毎年春に集会所でさくらまつりを開催。女性会が作った弁当を楽しんでいる。参加できない高齢者には自宅まで届けるなどの活動を行っている。「地域の人が誰でも参加できるイベント。ふるさとに帰ってきた人にも参加してほしい」と力を込める。

 新田さんは「民生委員・児童委員に就任した人が2期、3期と活動を続け、地域との信頼関係が深められるよう頑張りたい」と話す。


 東広島市社会福祉協議会提供のラジオ番組「社協発!笑顔」はFM東広島(89.7MHz)で毎週木曜日午前10時から放送。

ザ・ウィークリー・プレスネット

ページの先頭へ