東広島市社会福祉協議会


■笑顔インタビュー

東広島市の民生委員・児童委員F
福富地区民生委員・児童委員協議会

 福富地区民生委員・児童委員協議会は、男性5人、女性5人、主任児童委員1人の計11人で組織。高齢者の見守り、子どもたちとの交流、地域住民の相談受付に励んでいる。

 同協議会の定例会は司会を当番制にし、毎回全員が報告をしている。人数が少ない分、全員が積極的に議論に参加できることが特 徴。昨年12月に委員になったばかりの坂井典子さんは「積極的な姿勢に最初は戸惑ったが、全員が参加することで話しやすい雰囲気になる」と話す。

 森實勝美副会長は委員になって今年で4年目。「現役で働いていたころは地域のことにまったく参加できなかった。退職した今だからできる地域への恩返しを」と委員就任を引き受けた。「可能な限り地域の皆さんや子どもたちとの交流の時間を作りたい」。

 山田勝也会長は「福祉の制度も変化している。自己研さんに努め能力を高めたい」とし、「さまざまな相談があるので、委員が一人で悩みを抱えがち。そうならないよう全員で協力できる組織を作りたい」と語る。


 東広島市社会福祉協議会提供のラジオ番組「社協発!笑顔」はFM東広島(89.7MHz)で毎週木曜日午前10時から放送。

ザ・ウィークリー・プレスネット

ページの先頭へ